キーワードスカウターSをトレンドと悩み系アフィリエイトに使ってみる

ミネコです^^

キーワードスカウターSの980円キャンペーンは終了しました。  

実際は、19日いっぱいではなく、 20日の夜中までリンクは生きていたようです。  

ともかく、スカウターを手にされた方は、 それで満足されるのではなく、実際に活用し始めてください。  

この記事では、スカウターSを使った2つの方法をご紹介していきます。  

キーワードスカウターSとトレンドアフィリ

まず、トレンドアフィリエイトを実践していらっしゃる方は、 私が特典に付けたレポート「ミネコ式ゆる~いトレンドブログ運営法」 に目を通してから、毎日1記事でいいので日記ブログを運営してみてください。  

キャッシュポイントはアドセンスでもいいし、 楽天市場で購入できるような商品であれば、楽天アフィリ、 あるいは旅行情報であれば、楽天トラベルのリンクでもOK。  

これだけでもお小遣い稼ぎができるはず。  

もちろん、1週間とかで成果が出ることは期待せず、 コツコツ記事を積み重ねていくのがポイントです^^  

私自身は、このツールを使って、 新しく特化型のブログを開設しようと思っています。  

ええ、相変わらず検証好きなので^^

キーワードスカウターSと悩み系アフィリ

で、私がやろうとしているのは、お悩み系の特化型ブログ。

今回はワードプレスで作成します。   ちなみに、 「無料ブログより、ワードプレスの方がアクセスが来やすい」 「ワードプレスよりも、HTMLサイトの方が安定している」 といったいろいろなデータがありますが・・・   実際には、どれが一番いい、と 言い切ることはできないと思っています。  

例えば、以前にお話ししましたが、 2012年に無料ブログサービスを使って作成したアフィリエイト・ブログが、 未だに稼いでいてくれていたりしますので。  

無料ブログだからダメ、とかHTMLだから無条件にいい、というわけではなく、 どんな案件を扱うのか、どんな複合キーワードなのか、そして何ページなのか、 という様々な要素が絡んできます。  

だから、私自身は、様々な手法で、様々な媒体を使って ブログを作成しています。   その結果を観察することで、理屈ではない、 体験から得られた「知識」が増えますからね^^   と、堅い話は置いておいて・・・  

今回は「悩み系キーワード」を使って、ワードプレスでブログを作成します。  

まず、 1.スカウターで、関連キーワードを抽出。

2.抽出結果をCSVで読み出す。

3.それをスカウターに読み込み、「解析」する。  

結果として、狙い目のキーワードが、数値で判断できるようになります。  

しかし・・・ 最近のメルマガに書いたように、 数値的に適切だから、稼げるかというと、 そういうわけではありません。  

たとえば、「レイコップ」を売ろうとして、 「レイコップ 壊れた」 「レイコップ 動かない」 「レイコップ 修理」   なんてキーワードで記事を書いても、 アクセスしてきた人たちは、 すでにレイコップを持っていて、単に修理法を知りたい人ばかり。  

「見込み客」とは言えないですよね?  

そういうわけで、 ツールで見つかった狙い目キーワードから 「稼げないキーワード」を取り除き、 稼げる可能性が高いキーワード・リストを作ります。  

さて、これからいよいよ キーワードを使って記事を書いていくわけですが・・・  

今回は、記事を外注しようと思います。  

寒い季節はどうも働く気がしなくて 笑  

ついでだから書いておきますが、 記事外注はピンキリです(;・∀・)   安く上げようと@SOHOで募集したりすると 素人さんが応募してきて、 一から書き方を教えなくてはならなかったり・・・  

もちろん、 そうやって、時間をかけて外注さんを 育てていく方法もあります。  

ただ、読者の方のほとんどは、 副業でアフィリに取り組んでいらっしゃるでしょうから なかなかそういった時間は取りづらいでしょう。  

ですから、仕事に慣れた外注ライターを使っている 「記事外注サービス」を利用したほうが 結果的に安くつきます。  

時は金なり・・・ですからね。  

というわけで、 今回、使えそうな外注サービスをこちらにまとめてみました。

アフィリエイト記事外注サービスのまとめ 

 

ちなみに、私自身は、 3番目のブログ記事代行本舗の「楽~る!!」だけは、 まだ使ったことがありません。  

今回利用してみてもいいかもですね・・・ 金額的には「楽~る!!」が一番安いように見えますけれど、 もちろん、記事の質というポイントがあります。  

こればっかりは、使ってみないとなかなかわかりませんが。  

最初の二つ、 つまり「Shinobiライティング」と「コンテンツウォーカー」は 質的には使えるレベルです。  

じゃあ、どちらがお勧めか?というと、私的には「Shinobiライティング」の方です。  

理由は、まず、文字数のバリエーションが幅広いこと。  

300文字で依頼することもできるし、1000文字で依頼することもできます。  

また、オプションで、 記事タイトル自体もライターにお任せすることが可能。  

5~6記事ならタイトルを自分で決めることもありますが、 30記事以上を外注する場合は、キーワードだけを指示して タイトルも決めてもらった方が絶対楽。  

あ、あともうひとつ、 大事なことを書き忘れていました。  

実はね、Shinobiライティング、 公式サイトよりも、安く利用する方法があるんです。  

Shinobiライティングは、通常発注だと500文字で375円。  

ところが、ある方法を使うと、500文字を275円で発注できます。 100円安くなるわけです^^  

Shinobiライティングは最低発注価格が10,000円なので、 通常は26記事分注文できますが、 ある方法を使うと、36記事分注文できる。  

つまり、10記事分もお得、というわけ。   逆に、ある方法を知らない人って、 10記事分損していることになります (;・∀・)  

毎月10,000円分発注している人だったら、一年間で120記事分もの損。  

Σ(´∀`;)ショック

じゃあ、 その「安く記事を外注するある方法」って何かというと・・・   ちょっと長くなってしまったので 次回の記事で詳しくお話ししますね^^

Shinobiライティングで記事を格安価格で外注する方法

The following two tabs change content below.

ミネコ

東京都出身、茨城県在住のアラフィフ主婦です。夫婦で1枚5円のチラシをポスト投函するというドン底生活をネットビジネスで逆転!2014年にはブログ&メルマガで月収100万を突破。ノウハウコレクターだった私がなぜネットで生計を立てられるようになったのか?興味のある方はメールマガジンにご登録ください^^【豪華プレゼント】も差し上げています。

コメントを残す