記事外注に必須のコピペチェックツールを比較!

ここ1ヵ月、クラウドソーシング(外注)を利用しまくっていました。

日記用記事、レビュー記事、アンケートなどをガンガン行っています。

 

量産アフィリでもツールで記事を作っているし、

このままだとこのブログやメルマガ以外は、

自分で記事をほとんど書かなくなりそうです。

 

さて、記事外注で気をつけることのナンバーワンは「コピペ」ですね

 

私も以前痛い目をみました。

 

自分のブログで募集をかけて4名応募してきたのですが、1ヶ月後残ったのはひとり。

そして、なんとその一人がコピペ記事を納品してきたという・・・

しかも、コピペ元は偶然にも私の記事ww

 

 Σ(゚д゚lll)

 

今は笑って書いてますが、当時はショックでした。

 

しばらく外注が利用できませんでした。

 

しかし、サイトアフィリを実践していると、

どこかで外注を導入せざるを得なくなります。

 

始めはバックリンク用の日記記事を書いてもらっていましたが、

最近はメインの記事も依頼しています。

 

で、コピペ問題です。

 

私は今現在クラウドワークスを使っていますが、

記事の募集をかける時に、質の悪い仕事をする人をなるべくハネるために

「作業承認率が95%以上」という制限を設けています。

shouninritsu95

 

そして、記事のコピペチェックは、ツールを使っています

 

始めはSCKのEagleEye(イーグルアイ)を使っていましたが・・・

eagleeye

 

EagleEyeでは、文字数が表示されないのと、

いちいちツールにはりつけないといけないので、

 

クラウドワークスのコピペチェックツール(仮)

を使い始めました。

crowdworkscopipecheck

ところが・・・

 

クラウドワークスのコピペチェックツールは怪しい?

クラウドワークスのコピペチェックツールですが、

設定すると、内容確認からスグに利用できるので、

はじめは非常に便利に感じました。

 

先日、ある記事の募集をかけたときに、

うっかり「作業承認率が95%以上」を指定し忘れまてしまったことがあります。

 

当然、と言うべきか、

応募してきた中には、

37%」というように、非常に承認率が低い人も・・・

 

その人の記事に、

クラウドワークスのコピペチェックツールを使ってみると、

別になんの問題も現れません。

 

しかし、その時に限って、なんだか悪い予感がしたんですね。

 

EagleEyeを使ってダブルチェックしてみたのです。

そうしたら・・・

copipe

※赤い部分は完全一致=コピペ

 

や、やっぱり!!!

もう、バリバリのコピペ文章ですww

 

よくもまぁ、こんな恥ずかしげもなく・・・

 

もちろん、承認はせずに、運営側に通報しました。

 

ただ・・・

「やっぱり無料ツール、使えないかぁ」

と改めて思いましたね。

 

もしかして、過去にこれでチェックして、

コピペを見逃してしまったこともあったかもしれません。

後の祭りです(´;ω;`)

 

まぁ、仕方ないでしすよね。

タダほど高いものはないって、

よくわかっていたつもりでしたが、油断していました。

 

使い勝手の良いコピペチェックツールを探して

といったわけで、クラウドワークスのツールを使うのは直ちに停止。

 

すでに手元に有るEagleEyeを使うことにしましたが、

いくつか不満な点があります。

 

1.月額が高い
 ⇒SCKは他にシリウスやオールドドメインツールなども使えるのですが、
6,000円という月額はちょっと高いです。

近い将来、SCKのサービスを停止したら、
いずれにせよコピペチェックツールが必要となります。

 

2.文字数がわからない
 ⇒大した問題ではないかもしれませんが、文字数も一緒に表示して欲しい。

 

よさげなツールが他にあれば導入しようと探していて、

記事・文章コピペチェックツール「コピペリン」を購入することにしました。

コピペリン

 

コピペリンを使ってみると・・・

 

コピペリンは、コピー記事を発見するためのツールです。

買い切りではなく、1年間のライセンス購入です。

 

1ヶ月あたり500円で使用できるので、まぁ金銭的にはかなりお得かな?

 

ただ、問題は精度ですよね。

 

前回、クラウドワークスのコピペチェックツールが見逃した原稿を

チェックしてみました。

 

copipeche

 

赤線の部分はコピペです。

ちゃんと検査できているようです。

 

では、納品してもらったばかりの別の方の記事。

EagleEyeでは以下のようにコピペではないという結果です。

kyodai

 

コピペリンでチェックしてみると・・・

kopidou

問題ないようですね^^

 

ちなみに、700字前後の記事をひとつチェックするのに

時間は2分もかかりません。

 

コピペリン vs EagleEye どちらが速い?

次に、クラウドワークスからまとめてダウンロードしたエクセルファイル

コピペリンEagleEyeのふたつに読み込んで、チェックしてみました。

 

 2tsu

 

ファイルの中身は、400字~500字程度の記事が15。

 

さて、どちらが早かったでしょうか?

 

結果は・・・

14分50秒でチェックが完了した

コピペリンの勝ち!

 

 

EagleEyeは、なんと、56分もかかりました。

 

(*´д`)

 

EagleEyeも、いつでもこんなに遅いわけではないのですが、

今回はGoogleへのアクセスがうまくできなかったみたいで

もたついていましたね。

 

これ以降、何度か試してみましたが

コピペリンの方が動きはあきらかに軽いようです

 

ご参考までに!

 

>>コピペリンの詳細はこちら 

 

The following two tabs change content below.

ミネコ

東京都出身、茨城県在住のアラフィフ主婦です。夫婦で1枚5円のチラシをポスト投函するというドン底生活をネットビジネスで逆転!2014年にはブログ&メルマガで月収100万を突破。ノウハウコレクターだった私がなぜネットで生計を立てられるようになったのか?興味のある方はメールマガジンにご登録ください^^【豪華プレゼント】も差し上げています。

コメントは受け付けていません。