これから転売に参入する初心者は何から始めるべき?輸出?輸入?

ミネコです。

今日は転売についてちょっと書いてみたいと思います。

 

「在宅で稼ぎたい!」

「ネットビジネスで副収入を得たい!」

という場合、
多くの人が「転売」か「アフィリエイト」の
どちらかを選択するのではないでしょうか?

 

情報販売という道もありますが・・・

これはそもそも売るものが全くない初心者には
まず無理なので、選択肢から外します。

 

この「転売」と「アフィリエイト」どちらが稼ぎやすいか?というと、
これはもう個人の向き不向きということになると思います。

 

例えば、転売ひとつで生計を立てている人でも、
「転売以前にアフィリを試してみたけど、数百円しか稼げなかった」
という話を聞きます。

 

私の知人にも、転売で生活しているけれど、
「文章を書いたり、画像加工したりできないから、
アフィリは無理」と決めている人もいます。

 

コツコツ記事を積み重ねるのが苦手な人もいるでしょう。

 

こればかりは個人の問題なので、何とも言えません。

 

転売の利点は、文章力や画像作成のセンスなどが
ほとんど必要ないところでしょう。

 

また、転売は、ヤフオクやAmazonといった
「商品を買いたい人」が訪れるプラットフォーム上で行いますから、
見込み客が求めている商品を出せば、売り込まなくても売れます。

 

基本的に、安く仕入れて、高く売る、
というシンプル極まりない原則に従うだけでいいのです。

 

とは言っても、現在はさまざまな転売市場が存在します。

 

転売の種類

まず、国内転売があります。

 

しかし、一口に国内転売と言っても、

ブックオフで書籍を仕入れて、
Amazonやヤフオクといったオンラインで販売する手法もあれば、

 

量販店などで新品を仕入れて、それをオンラインで転売する方法、

 

ヤフオクから仕入れてAmazonで販売する方法、

などいろいろあります。

 

 

次に、輸入転売があります。

 

海外のAmazonやショッピングサイトで新品を仕入れて、
ヤフオクで販売する方法。

 

eBayで仕入れて、ヤフオクで販売する方法。

 

 

また、輸出転売があります。

 

国内のAmazonで仕入れて、海外のAmazonで販売する方法。

 

細かく見ていくと、海外のAmazonに無在庫で出品して、
売れたら商品を購入して発送する方法。

 

あるいは、実店舗で商品を仕入れ、
それを海外のAmazon倉庫に送って受注・発送を依頼するFBA販売。

 

 

ざっと見るだけで、これだけの手法があるのです。

 

「どれを選べば一番手っ取り早く稼げるのか?」
目移りしてしまうかもしれませんね。

 

カンタンには稼げなくなったAmazon輸出

私自身は、2013年1月に、国内転売の経験がほとんどない状態で
Amazon輸出をスタートしました。

 

始めは無在庫販売でした。

しかし、ある程度利益が出るようになってから、
FBA販売に切り替えました。

 

すると、以前とは比較にならないようなスピードで
商品が売れるようになりびっくりしました。

 

しばらくのち、順番的に逆になりますが、
国内転売の方にエネルギーを注ぐようになりました。

 

その理由は、
国内転売は輸出に比べて費用がかからないため、
より容易に利益を得られることがわかったからです。

 

そもそも、私がAmazon輸出に取り組み始めた理由のひとつが、
「資金がない」というものでした。

 

また、「国内せどりは飽和している」という噂も耳にしていました。

 

その理由から、
「無在庫で出品できるのでリスクが少なく、参入者が少ない」
と言われたAmazon輸出を始めたのです。

 

しかし、ある意味、これは事実ではありませんでした。

 

Amazon輸出の教材やツールが発売され、
「Amazon輸出はブルーオーシャン」という話が広まるにつれ、
参入者がドンドン増えるようになってきたのです。

 

結果的に、無在庫で出品するライバルが大量に現れ、
売れにくくなりました。

 

FBA販売も同様です。

 

参入者が増えたため、価格崩壊が起こるようになりました。

結果的に、以前のようなやり方では稼げなくなっています。

 

これからAmazon輸出に取り組もうとする人へのアドバイス

まず、無在庫で販売するのならば、数千点の出品は覚悟してください。

無在庫の場合は、ランキングが多少低くても、
利益が出ることがわかっている商品を出品します。

 

こういったツールで商品を抽出することもできますが・・・
↓↓

サヤ取りグローバルせどらー

 

既存のツールの場合、カテゴリーやキーワードによっては、
ライバルとかち合うことが多いです。

 

一番良いのは、SOHOさんに
自分だけのオリジナルツールを作成してもらうことですね

 

そうすれば、他人と競合しにくくなります。

 

あと、在庫は必ずツールで管理するようにしてください。

 

これを怠ると、いざ注文が来た時に、在庫がない!
もしくは値上がりしていて赤字!というトラブルが生じます。

 

注文をキャンセルすることで、
アカウントの一時停止などのペナルティーが課せられます。

(一回の注文キャンセルでアカウントの取り消し、はさすがにありません。)

 

一方、「そんな大量に出品できないよ!」という方は、
FBA販売が向いています。

 

FBA販売の場合、
「日本のAmazonから仕入れて、アメリカのアマゾンで販売する」となると、
利益が出る商品を見つけるのに苦労するかもしれません。

 

役に立つリサーチツールを使うか、大量のリサーチを行う必要があります。

 

より効率的なのは、実店舗で安く仕入れること。

店舗でリサーチには、Amazonモバイルや、
Ame-Xなどのサーチが必要になります。

 

もっとも利益が出るのは、問屋でまとめて仕入れる方法です。

ロットで仕入れることで安く購入するわけです。
もちろん、資金がないとできませんが^^;

 

結局、これからAmazon輸出で稼ぐとなると、
それなりの資金が必要ということになりそうです。

では、資金のない初心者はどうすべきなのでしょうか?

 

転売初心者がまず最初に取り組むべき手法とは?

まずは少額の資金を使って、国内転売で利益を得ることをお勧めします。

なぜ今国内転売なのか?以下にその要点をまとめました。

国内転売が輸出よりも稼ぎやすい理由

1.関税がかからない

アメリカのAmazonで商品を販売していると、
高額な商品(100ドル以上)に関税がかかる場合があります。

国内転売の場合は「関税」がかかりません。

 

2.英語の問題がない

昨年、私が輸出コンサルを始めたばかりのころは、
「英語ができなくても、やる気さえあれば輸出に支障はない」
と考えていました。

実際にAmazon輸出の際には、それほど高度な英語は使いません。

TOEIC830点の私でも、わからない単語が出てくることはあります。

でも、そういった時は、辞書で調べればいいだけです。

そうは言っても、
「私は英語は全くダメ」と言い切ってしまって、
調べる努力さえしない人もいるようです・・・

また、Googleなどの自動翻訳を使っている人もいますが、
あくまで機械なので、微妙なニュアンスが伝わらないことが度々あります。

自動翻訳で出てきた英語をそのまま購入者に送ったところ、
非常に無礼な文体になっていて、購入者は激怒
・・・なんてことも起こります。

ですから、「英語はできないけれども、一生懸命学んでいく」
という気持ちがあれば別ですが、英語が苦手な方は、
国内転売を行うことをお勧めします。

 

3.必ずしもFBA出品の際に代行業者を使わなくてよい

アメリカのAmazonのFBA倉庫に商品を発送する場合、
必ずアメリカ現地の知人か代行業者の助けが必要になります。

その理由は、Amazon倉庫は、
海外から直送される荷物を受け取らないからです。

このため、FBAに荷物を送る際は、
受取人になってくれる友人がいない場合、
SOHOを雇うか、代行業者に依頼します。

一回の代行費用は、業者にもよりますが、
箱一つにつき2,000円以上かかります。

国内転売で、代行業者を使ったとしても、
それほどの金額にはなりません。

 

4.実は言われているほど国内転売市場は飽和していない

輸出や輸入の教材のセールスページを見ると、
「国内転売はもう稼げない」といったセリフを見かけますが、
そんなことはありません。

 

一口に国内転売と言っても、さまざまな手法、
書籍以外にも電化製品、CD、ゲームなど、
さまざまなジャンルがあります。

 

人の社会が存在する限り、
商品を売りたい人・買いたい人はなくなりません。

 

初心者が国内転売で稼ぐ方法

では、全くの初心者がどう稼いだらいいのか?

 

基本的には、少ない資金を使って、電脳や店舗仕入れを行い、
利益が出たら、それをまた仕入れ資金に回す・・・
というやり方をお勧めします。

 

商品が売れてAmazonから報酬が振り込まれたので
飲みに行こう・・・ってのはダメですよ 笑

 

雪だるま式にお金を増やしていくわけです。

 

MH900078832

 

では、稼げる商品をどうやって見つければいいでしょうか?

 

商品を抽出してくれるリサーチツールで電脳仕入れ
という方法もありますが・・・仕入れるジャンルなどは
自分で工夫してください。

(人気のジャンルは当然競合します ^^;)

ツール自体は、そこまで考えてくれませんので。

 

転売用リサーチツール:
電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」

 

 

一方、店舗仕入れを行うのであれば、
携帯・スマホで使える「サーチ」が必要です。

 

サーチというのは、商品コードを打ち込んだりすることで
商品のAmazonでの価格やランキング情報を示してくれるソフトです。

 

「せどり風神」や「セドリーム」、「せど楽チェッカー」、などがあります。

 

サーチは、Amazon側の仕様変更などに対応するため、
どうしても月額課金のものが多いですが、
以前有料で販売されていた「セドリーム」は無料で利用可能です。

 

バーコードリーダーをスマホに接続すれば、
短時間に大量のコードを読み込むことができ、
店舗リサーチを加速することができます。

41jlUjUkYYL__SL500_AA300_

バーコードリーダーに投資する余裕がまだなければ、
始めはスマホカメラでバーコードを読み込めるタイプ
でスタートすることもできますが・・・

スマホカメラを使ったソフトは、
どうしても読み込みや検索に時間がかかります。

 

長期的に転売を行っていくのであれば、
バーコードリーダーは購入したほうがいいでしょうね。

 

 

国内転売をスタートする際には、
まずは扱うジャンルをある程度絞っていくといいかと思います。

CD、DVDに特化するとか、ゲームに特化するとか、ですね。

 

せどりの基本を学び、実践し、自分だけの得意分野や
リサーチ方法を開発していきましょう。

 

 

以上、ご参考になれば幸いです^^

 

よければ応援クリックをよろしくです


人気ブログランキングへ

 

The following two tabs change content below.

ミネコ

東京都出身、茨城県在住のアラフィフ主婦です。夫婦で1枚5円のチラシをポスト投函するというドン底生活をネットビジネスで逆転!2014年にはブログ&メルマガで月収100万を突破。ノウハウコレクターだった私がなぜネットで生計を立てられるようになったのか?興味のある方はメールマガジンにご登録ください^^【豪華プレゼント】も差し上げています。

コメントを残す