Tsu(スー)って、ぶっちゃけどうよ?《ちょっぴり怪しいSNSの入門編》

ミネコです。

最近、よく聞きませんか?
Tsu(スー)ってSNSのこと。

「FacebookのようなSNSでありながら
 お小遣い稼ぎができる」と聞いて、

「なんだか怪しいよねー」って思ったのは私だけ?

それでも、
知り合いが次々に入っていて、
なんとなく参加する機会を失っていましたが

Kさんという方に、システムについて詳しく説明していただき
今日やって重い腰を上げて参加してみました。

というわけで、
これは、そもそもTsuって何なの?怪しくね?という
あなたのためにまとめた入門記事です。

1.改めて問う。「Tsu(スー)とは?」

簡単に言っちゃうと、
広告から得られた報酬を受け取ることができるSNSです。

システムはFacebookと、とってもよく似ています。

写真とか文章を投稿できるし、
他人の投稿が気に入ったらそれをシェアすることも可能。

作ったばかりの私のページです。

mypage1206

これまたFacebookと同じく、広告が表示されていますよね?

もし、自分の構築したページに表示されている広告から
誰かが何かを購入したら、その報酬の一部を報酬としてゲットします。

Tsuは、紹介制なので、
すでにTsuに参加している人経由で参加する必要があります

2.Tsu(スー)ってネズミ講とかマルチって噂があるけれど?

ネットを調べると、
確かに「Tsuはネズミ講」と断言している人もいますね。

なぜかというと、上記にあるように、
Tsuに入るには、すでにメンバーになっている人経由で参加するわけです。

例えばあなたが山田さんに招待されて参加したとしますね。
そうすると、あなたは山田さんの「子供」になります。

あなたが別の誰か、榊原さんを招待すると、
その人はあなたにとっては「子供」、
山田さんにとっては「孫」になります。

さて、ここで榊原さんが投稿をいくつか行い、
そのページから誰から商品を購入したとしましょう。

そこで発生した報酬の10%はTsuが取ります。

そして残りのすべてが榊原さんのところへいく・・・のではなくて、
実際に榊原さんの取り分は残り金額の50%。

3分の1が「親」のあなたへ。

さらに3分の1が、「祖父(祖母)」である山田さんへ。

最後の3分の1が、
「曾祖父(曾祖母)」である山田さんを紹介した誰かさんへ送られるのです。

確かに、
ねずみ講の図式に似ているかもしれませんね。

ただ、ねずみ講の場合は、
下が上に搾取されるのが問題となっている一方、
Tsuの場合、下の人が上の人にお金を取られるわけではないです。

相手をだますような形でTsuに紹介するとかはマズいでしょう。

ただ、Tsuで行われているのは、
皆が興味を持ちそうな情報や写真を発信したり、シェアすることなので、
それによって損することはないです。

別にクレジットカード番号を登録したりとかありませんしね。

どうしても嫌だ!という人は、
そもそもTsuに登録しなければいいだけの話です。

3.どうやってTsu(スー)に参加すればいいの?

もし私で良ければご招待しますので 笑
ここをクリックしてください→登録はこちら

カンタンな登録方法

注意:すべて英語半角で登録してください。
sign

Name →あなたの名前を入力。

First Name=苗字 Last Name=名前

Username →アカウント名を入力。

Email →メルアドを入力。

Gender →性別を選択。

male=男性 female=女性

Birth Date →生年月日を入力。

まず月を選択して、日/年の順番。

Password →8文字以上のパスワードを決めて入力。

最後に、「Sign up & complate profile」をクリック。

その後にProfileなど記入画面が表示されても、
とりあえずSkipしてかまいません。

Tsuから「Confirmation instructions 」
というタイトルの認証メールが送られてきますので、
「Verify my email」というボタンをクリックします。

ninshomail

 

これで基本的な登録は完了です!

 

続く

The following two tabs change content below.

ミネコ

東京都出身、茨城県在住のアラフィフ主婦です。夫婦で1枚5円のチラシをポスト投函するというドン底生活をネットビジネスで逆転!2014年にはブログ&メルマガで月収100万を突破。ノウハウコレクターだった私がなぜネットで生計を立てられるようになったのか?興味のある方はメールマガジンにご登録ください^^【豪華プレゼント】も差し上げています。

コメントを残す