ログイン情報管理ツール:ロボフォームを使ってみて

ミネコです。

ネットビジネスを行っていると、
さまざまなサイトのurlとログインパスワード情報を
保存しておく必要がありますね。

 

みなさんはどうやって保存していますか?

 

私は初めのころは手帳に書いていました。

扱うサイトが増えるようになって、手帳に書くのが追い付かず
エクセルシートに保存するようにしました。

 

これはこれで便利なんですが、落とし穴があります。

何らかの原因で、そのコンピュータがクラッシュした場合
ログインデータのすべてが消えてしまうことです。

 

ひとつの方法として、
ログインデータをまとめたエクセルシートを、
「オンラインストレージ」に保管しておくことがあります。

 

もうひとつは、ログインデータを保存する
「ロボフォーム」のようなログインツールを使うことです。

 

ロボフォームとは?

robo

ロボフォームとは、すべてのログイン情報を一元管理してくれるツールです。

 

ロボフォームは、サイトへの初回ログインの際に、
自動的に必要な情報を保存します。

そうすると、次回はロボフォームのログイン帳をクリックするだけで、
そのサイトへ行って、必要なIDやパスワードを記入してくれます。

 

これ、一度使うと本当に便利。手放せません^^

 

このロボフォーム、無料でお試しすることはできますが、
無料版だと保存できるログイン情報に制限があります。

 

有料版は、「ロボフォームPRO」と呼ばれ、
ライセンスにはいくつかの種類があります。

 

まず、ひとつのデスクトップやノートでのみ使用する場合は、
デスクトップライセンス

この場合、ログイン情報はそのPC内部に保存されます。

 

一方、複数のPCのログイン情報を
バックアップしておきたい場合のエブリウェアライセンス

 

ログイン情報は、
PCの内部と、ロボフォームのサーバー上の2か所に保存され、
サーバーのデータは「マスターパスワード」で保護されます。

 

私も使っているこのエブリウェアライセンスの場合、
先の例のようにひとつのコンピュータがクラッシュしても、
そこで使われていたログインデータは失われることがありません。

 

ロボフォームの安全性 セキュリティー面の疑問

ここまで読んできて、
「でも、ロボフォームのセキュリティーって大丈夫なの?」
という疑問が生じるかもしれません。

 

特に、「エブリウェアライセンス」を使用した場合、
複数のコンピュータやスマホのログイン情報が
ロボフォームのサーバーに保存されます。

 

「他の人がその情報にアクセスしたら?」

 

まぁ、あらゆる可能性を考えたら、
「完璧」なんてものは存在しないわけですが・・・

変な話、セキュリティーソフト会社が顧客の情報を抜いたりとか・・・
疑いだしたらきりがないのも事実。

 

ロボフォームの場合、
ロボフォームのオンライン上のデータは
「マスターパスワード」によって守られています。

 

tologin

 

マスターパスワードを記入しないと、ロボフォームを使うことはできません。

つまり、他の人はあなたのロボフォームデータにログインできない
ということですね。

私自身は去年から使っていますが、
特にトラブルが起こったことはないですよ。

心配な方は、まずは公式ページを熟読してみてはどうでしょうか?

エブリウェアライセンスを使用する場合、
有料になりますが、1年間に千数百円と非常に格安。

ネットビジネスを続けていくのであれば、
パソコンの効率化という意味で十分に投資の価値があるツールです。

⇒ ロボフォーム公式ページはこちら

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、茨城県在住のアラフィフ主婦です。夫婦で1枚5円のチラシをポスト投函するというドン底生活をネットビジネスで逆転!2014年にはブログ&メルマガで月収100万を突破。ノウハウコレクターだった私がなぜネットで生計を立てられるようになったのか?興味のある方はメールマガジンにご登録ください^^【豪華プレゼント】も差し上げています。